現役女性医師(放射線科)の4人子育て奮闘記ーママも家族も夢実現♪


  • 放射線科のお仕事

スポンサードリンク

AI(人工知能)と放射線科診断医の関係①序章

放射線科診断医の仕事は、AI(人工知能)がとってかわるのか?

 

先日、放射線科を回ってきた初期研修医と話をしていたら、

 

「放射線科診断の分野は

近い将来AI(人工知能)にとって代わられるから、仕事がなくなるよ。

だから、若い子にはお勧めできないんじゃないかな?

って聞きましたよ。」と言っていた。

 

この話が本当なら、

「早くAIが発達してほしい!」と

切に願う放射線科診断医は私だけだろうか?

 

働き始めて、十ウン年。

放射線科診断医を取り巻く状況は日々厳しくなっている。

(のは、私の周りだけ???

 いや、そうではないはず)

 

理由は、CTやMRI等の装置の進歩が目覚ましいから。

 

例えば、私が働き始めたころ。

(以下、CTの話)

一回の息止めでは、胸部の「肺」全体を取ることが難しい場合が多々あった。

約25秒の息止めをしっかりできる人は健康な人でないと、難しい。

(試してみてね。)

 

「息をすって~~~。止めてください」

ピロロロロロロ~~~~。

 

CTで胸部や腹部の撮影をするときの掛け声。

および、撮像の様子。

(おおざっぱだな。。)

 

しかし、今は一度の息止めで、

胸部はおろか、腹部、そして骨盤部まで、

一度にとれてしまう。

 

あっという間だ。

 

(そう。腹部と骨盤部は、別の部位として、以前は扱っていた。。。)

 

(長い範囲もあっという間)

 

しかも。

速く撮れるので。

息止めが難しい患者さんでも、それなりの画像がとれるようになった。

 

つまり、一人の検査で、みる画像が格段に増えた。

(胸腹骨盤部を合わせると、単純CTの場合

約250枚程度の画像を見ることになる)

 

 

また。

短時間で一人の検査が終わるので。

一日に検査を行える人数も増えた。

 

かくして。

放射線科診断医の仕事は

地味に。

着実に。

増えている。

 

 

そして。

あまりにも認知度が低いせいか。

放射線科診断医を選ぶ若手医師は。

それほど多くない( ;∀;)

 

 

AI(人工知能)の発達を心より、望んでおります。。

=======

すっごく 愚痴っぽくなりましたが。

AIはどのように放射線科診断医の仕事の肩代わりをしてくれそうか。

次回以降、勝手に考えてみます。

 


スポンサードリンク



Pagetop