現役女性医師(放射線科)の4人子育て奮闘記ーママも家族も夢実現♪


  • 子だくさん子育て

スポンサードリンク

秋芳洞へ新山口駅発、湯田温泉宿泊なら、知っておきたい

息子二人の台湾ホームステイがいよいよ迫ってきて。

福岡空港へ送りに行くついでに家族の夏休み旅行を計画。

 

博多方面に行くなら、「秋芳洞でしょ!!」

と、固く心に決めて宿まで手配したにも関わらず。

大雑把な予定しか建てないまま訪れた秋芳洞^^;。

数々のラッキーに助けられて。無事、楽しむことができました。

まずは、数々のラッキーをこちらでご紹介。

新山口駅⇒秋芳洞⇒湯田温泉の計画を立てるときの参考にしてください^^

 

この日の予定は

岡山駅 ⇒(新幹線)⇒ 新山口駅 ⇒ 秋芳洞観光 ⇒ 湯田温泉 宿泊

 

****************

*ラッキー1(おトク情報1)

湯田温泉宿泊の場合。

新山口駅から湯田温泉の宿まで荷物を無料配送してくれるサービスあり!

14時までに新山口駅を出て、在来線側にある観光窓口で手続きをします。

新山口駅の改札を出るときに立て看板あり、気づきました。

13時過ぎ着だったので、ラッキー♪

重い荷物を引きずって移動せずに済みます。

 

岡山駅で切符を買ってから新幹線乗るまでの時間が短く、焦った乗車でしたが。

急いだ甲斐が、ありました。

*ラッキー2(新山口駅から秋芳洞までのタクシー代目安)

荷物を預けた後、新山口駅から秋芳洞までバスで移動の予定でしたが。

バスが出たばかり。

しかも、その後のバスが約1時間40分後と、教えてもらう。

上記観光案内所で、秋芳洞⇒瀬田温泉のバスの時間等を教えてもらい、検討。

結果、新山口駅 ⇒ 秋芳洞の移動タクシーに変更。

約7000円の料金です。

家族6人で、2台分散覚悟でおねがいしたら、中型タクシーで一台で移動できました^^

 

*ラッキー3(秋芳洞所用時間、秋芳洞から湯田温泉のバス料金情報)

タクシー移動したため。

秋芳洞⇒湯田温泉の次のバスまで2時間ちょっとの秋芳洞滞在時間を確保。

比較的ゆっくり秋芳洞を楽しむことができました。

秋芳洞見学の所用時間は、約60分(往復約90分)

観光コースは約1㎞

途中、冒険コースも設置されているので、そちらも回りたい方は、もう少し時間の余裕が欲しいですね。

今回はあきらめました~^^;

 

ちなみに、秋芳洞⇒湯田温泉のバス情報

大人 1140円、子供 570円

所用時間 約40分の路線バス

 

************

 

 

一年を通して17℃に保たれる秋芳洞内。

入場料を払うゲートを通ったら、とたんにガラリと温度が変ります。
(鍾乳洞に入る前から)

 

さすが、夏場は天然クーラー♪

 

もう、鍾乳洞入り口が見えてきたら、その神秘的なたたずまいに大興奮!!

中に入ると、これでもか!というくらいに個性的な岩の形が次々と現れて。

ダイナミックな自然の造形に

驚くとともに。

 

鍾乳石が2センチのびるのに、

500年かかるという

その時間のスケールにも圧倒されて。

ただ、ただ

大きな時間と空間に包まれた

そんな時間を過ごしました。

 

理科好きの中一、小5男子二人は大興奮!!

パシャパシャ写真を撮りながら、楽しんでいましたよ^^

 

ちなみに、小2女子は、まあまあの反応。

幼稚園年長男子は、フーンという感じ。

 

ですので、小学生中学年以上。

「鍾乳洞ってどんなもの?」という予備知識がある子連れ旅行がおススメです。

洞内はよく整備されていますが、鍾乳洞の性質上、濡れている場所も多く

足元は滑りやすいです。

運動靴等、歩きやすい靴で行くことがおススメ。

 

秋吉台まで行く時間は取れなかったので。

今度は秋頃、訪れたいです🎵

 

秋芳洞の入場料等の情報はこちらからどうぞ

⇒ 秋芳洞公式ホームページ

 

 


スポンサードリンク



Pagetop