現役女性医師(放射線科)の4人子育て奮闘記ーママも家族も夢実現♪


  • 子だくさん子育て

スポンサードリンク

祖母の余裕ある見守りが子供の自由な発想を可能にする!?

仕事を終えて、家に帰ったら。

 

バットいっぱいに広げられた、ハンバーグが夕食として待っていた。

 

 

この春は長男が小学校を卒業し、中学に入学する年。

 

その長い春休みの期間。

(終業式より早く、卒業式があり、始業式のあとに入学式だからね)

私の母が泊まり込みで手伝いに来てくれている。

 

 

ありがたいことに、家事一式をほぼすべてを母が引き受けてくれるので。

甘え切って、おまかせしている。

 

子どもたちも、祖母の周りから、離れない。

 

そんな中、祖母がハンバーグを作ってくれた。

春休み中の娘も張り切ってお手伝い。

 

その娘が、バットいっぱいのハンバーグを提案したのだそう。

作るのが楽だから?

ボウルいっぱいのプリンみたいに、たっぷり食べたかったから?

おっきいハンバーグを見てみたかったから?

 

もちろん、全部を彼女が食べたかったみたいだけど、

きちんと彼女が分けてくれた^^

 

 

我が家は人数が多いので、以前からハンバーグを焼くのはもっぱらオーブン。

でも、バットで焼くことは思いつかなかったなぁ。

(ミートローフは作ったけど。)

 

また、私がもしも作っていたとしたら。

子どもにぐちゃぐちゃ触られるのは、ややこしいので。

こっそり、作ってしまっていたはず。

だって、「私がする~」「僕がする~!」と取り合いになって、大騒ぎになるのが、定番。

 

 

むすめの自由な発想に対して、きちんと受け止めて対応してくれた

精神的余裕のある祖母に感謝。

 

私に必要なのは、おおらかさだな、と、

反省するきっかけにもなった、バットハンバーグ。

 

次回、私もこのアイデアは採用することにしよう♪

(ちょっぴりは頭をやわらかく^^)


スポンサードリンク



Pagetop