現役女性医師(放射線科)の4人子育て奮闘記ーママも家族も夢実現♪


  • おすすめな本、情報

スポンサードリンク

松原真紀さんの切り絵図案本にハートをずぎゅん

先日から切り絵にハマっている。

「切り絵」は、文字通り。

一枚の紙を切ることによって、絵を表現していくもの。

私は自慢じゃないが、美術関連のことがとても苦手。

学生時代の美術はおろか、書道の授業。

絵を描く作業がついてきた生物の授業など。

思い出したくない授業時間が、記憶のそこかしこに隠れている。

 

もちろん。

絵を描くことだけでなく。

細かい手作業自体が、そもそも苦手。

 

そんな私が、切り絵。

しかも、よりによって、図案の細かいものに、ハマっている。

 

 

 

理由は簡単。

東京で訪れた書店で、あるクジラくん(?)に

ハートをわしづかみにされて しまったからだ。

 

その本は、こちら。

 

松原真紀 著

季節の草花と動物の切り絵。

 

表紙に目を奪われ。

手に取って、中の切り絵の見事さに、驚き。

見惚れ。

 

そして、図案が載っていて、

実際に、すぐ切ることができるとわかっても。

「できるわけないやん!こんな細かいの!!」

と、自分で即否定^^;

 

でも。

クジラくんと離れがたい。

 

「眺めるだけでも、いいかも」と

家に連れて帰り。

 

今は、クジラくんに挑戦するために、

直接切れる図案集をはじめから順に切っていっている次第。

 

切り絵に用意するものはいたってシンプル。

カッターマット

カッター

そして、図案。

 

すぐ、始められます。

塗り絵はできなかった私でも。

シンプルに切る、という作業だけに没頭できるので。

子どもが寝静まった、貴重な夜時間にも。

いそいそと、作業している次第。

 

無心に、何かしてみたい、という人におススメ。

細かい切り口が乱れていても、

まあ、良いのだ^^


スポンサードリンク



Pagetop