現役女性医師(放射線科)の4人子育て奮闘記ーママも家族も夢実現♪


  • 子だくさん子育て

スポンサードリンク

父方祖母の家に姉弟だけで初めてのお泊りで、義母に感謝

平成から令和に移るタイミングの10連休。

 

私と夫は、30日、1日、2日は仕事であったため。

 

下二人(7歳小2むすめ、5歳年長のむすこ)子供たちの子守りを、夫のおかあさんにお願いしました。

 

(ちなみに、上二人(中一、小5 むすこたち)は、家で留守番)

 

29日の晩に連れて行って、1日夕に帰宅。

2日朝に連れて行って、3日夕に帰宅。の予定を組んで。

 

29日の晩に連れて行ってみると。

末息子が、ギャン泣き。

 

家も車で25分くらいの場所なので、しょっちゅう家族では遊びに行ったり。

泊らせていただいたり。

 

馴染みの場所なんですけど。

たしかに、子供たちだけ、しかも下二人だけのお泊りは初めて。

 

しかし、こんなに、泣きわめくなんて^^;

 

チーン!

 

 

「おばあちゃんが、お母さんは作らないオムライスを作ってくれているよ。」

 

「しかも、豪華デザートつき!」

 

など。

言葉を変えても効力なし。

 

逃げるように帰ろうかと思っても、5歳児はさすがに機敏で、力もそこそこ。

 

 

結局、お菓子を食べることを提案して、少し気持ちを落ち着かせ。

お菓子に絡めて、筋の通らない約束をすることで。

「このお菓子の袋あけてあげるから、お母さんは、帰るね」

(ちっとも前後の文、関係ない^^;)

 

機嫌よくバイバイしました。

 

 

で。

少々、焦りましたが。。。

 

翌日帰ってきたときには

「明日も、おばあちゃん家にお泊りするんだぁ~!!」

と、ルンルンの様子。

 

よっぽど、良くしてもらったんだなぁ~と、義母に感謝。

 

しかも。

「靴下は、左右の二つをまとめて、洗濯物に入れておくと良いんだよね。

おばあちゃんに教えてもらったよ♪」

と、得意げな様子。

な、なんとありがたい。

基本的なしつけまで。。。

 

わが身の至らなさが身に沁みますが。。

本当にお世話になり、ありがとうございました。

 

 

さて、私が将来 孫たちを預かることになったとき。

こんな風に、スマートに預かることが、出来るのかしら?


スポンサードリンク



Pagetop