現役女性医師(放射線科)の4人子育て奮闘記ーママも家族も夢実現♪


  • 子だくさん子育て

スポンサードリンク

ヒッポファミリークラブの交流準備会in広島 体験記

ヒッポファミリークラブでは、約10ヶ月の高校留学のプログラムがあります。

 

そのプログラム(通称:イヤロン)に

・2020年夏から行くことを、決めた人。

・この夏(2019年)に出発で、準備している人。

・つい先日 帰ってきた人。

 

それぞれの段階の若者が、今の想いを話す場に居合わせてきました。

 

スゴイなぁ、と話を感心して聞きながらも。

 

「うちの子が数年後に

こんな姿になっているとは、

想像もつかない~😱

っていうか、無い無い~!!😅

なんて、思っちゃう私。。。

話を聞いた後、数名のグループに分かれて行った感想のシェア会で。

上のような感想を言ったら。

 

グループに居合わせた、帰ってきたばかりの高校生の彼も。

「数年前のうちの母も

同じこと言ってましたよ」

と、言ってた。

 

本当?あんなに、立派に留学してきた話を、はなしてたのに?

数年前は、そんな姿は想像できない状態だったの?

と、にわかには信じられませんけど。

 

ここは、この言葉を信じて

数年後には「わが子も立派になって~」と、

感涙しているはず!

と、勝手に妄想を膨らませることにしよう^^

そう。

準備会は、子供たちのためのようにも見えるけど。

送り出す立場となる、親の覚悟を準備する場でもある。

 

だって。

10か月も外国に送り出すって。

 

本人もガクガクの覚悟だけど。

親のほうも、もし万が一ってことが頭から離れなかったら。

本人が行きたがっても、送り出せない、なんてことにもなる。

 

 

行く前の迷い。

行った後の素直な感想。

 

行ったから、必ず、スゴイ成果が出る、というわけでも、たぶんない。

(今まで感想を私が聞いた子は、たくさんのものを得ている子ばかりだけど)

 

でも、うちの子が行きたいと言い出したら。

送り出せるようには、なりたいものだ、と。

思った一日。

 

数年後、どんなふうに、この文章を読み返しているかな?


スポンサードリンク



Pagetop