現役女性医師(放射線科)の4人子育て奮闘記ーママも家族も夢実現♪


  • 脳力について

スポンサードリンク

「錯覚」を日常生活でうまく活用しよう♪

前回、放射線科診断医は錯覚と戦う仕事だ!と言いました。

 

普段の仕事の上では、錯覚が混じると、困るので、

影響を受けないように注意しています。

 

 

ただし、日常生活の場面では。

「錯覚」を上手に利用することで、「新たな発見ができる!」など

ポジティブな効果を狙うこともできます。

 

 

今回利用する「錯覚」は

「ないはずのものが、まるで「ある」かのように錯覚する」ちから。

 

これは、夢物語を設定するとき、大いなる力を発揮します。

 

錯覚は、「もともと関連のないものが結び付く」ことでも起こります。

 

 

いま、みんなが普通に利用しているカメラ付き携帯電話(スマホ)。

 

これは、

「遠く離れた人と、話すことができたら便利だろうな。機械や電波を利用できないだろうか?」という思いつき。

そして、

「電話を一人ひとり持ち歩くことができたらよいだろうな」

「携帯電話にカメラ機能がついていたら便利かな?」という思いつき。

 

こんな思いつき(錯覚)の積み重ねが、現在の携帯電話(スマホ)として現実化したもの。

 

でも、誰かの思いつきが発生したとき。

もちろん、世の中には存在しませんでした。

 

そして、このような「思いつき」を親しい人に告げたとき。

おそらく、たいがいは馬鹿にされたでしょう。

「そんなこと、できるわけない」

 

でも、「思いつき」を形にした人の頭の中では、

そのとき目の前にあるものを飛び越えて。

しっかり、見えて(イメージできて)いたことは、確実です。

 

そのイメージ(錯覚)を持ち続けて、形にする。

すると、現実になるのです。

 

 

こんな風に、ポジティブに錯覚を利用していきたいですね。

 

 

<おまけ>

ポジティブに錯覚を利用しようとしたとき。

必ず、先ほどのように、否定する人が出てきます。

そんなときは、

「あるものを、気づかないでいる」の錯覚を利用する手もありますよ^^v

 

===============

錯覚か。単なる妄想か。

それとも、現実化までさせてしまうか?

 

あなたの頭の中に浮かんでくる錯覚(普通ならありえない組み合わせ)はなんですか?

 

 

今日もお読みくださって、ありがとうございます。

良い一日を♪


スポンサードリンク



Pagetop