現役女性医師(放射線科)の4人子育て奮闘記ーママも家族も夢実現♪


  • 脳力について

スポンサードリンク

「やっぱり○○できなかった~」と泣く子どもに・・・

にっこり、かわいい笑顔の絵を思い通りにかけることが増え、

大喜びの、5歳の娘。

 

お世話好きなので、末息子(2歳8か月)に

「描いてあげるね」って得意満面。

%e5%bc%9f%e3%81%ab%e7%b5%b5%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e8%87%aa%e4%bf%a1%e6%ba%80%e3%80%85%e3%81%aa%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82

 

でも、同じ日に描き続けていると、だんだん

「さっきみたいにできなかった・・・」

「あんなに可愛くもう描けない・・・」

なんて、べそをかき始めます。

 

「疲れてきたんじゃない?」って言っても

もちろん本人は納得しません。

 

「今やりたいの!!」

 

「じゃあ、やってみてね。」

 

そこで出てくる言葉が、

やっぱり、できなかった~!!

という言葉。

%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%82%8a%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e6%b3%a3%e3%81%8f%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82

「やっぱり? やっぱりってどういうこと?」

 

「出来ないって思ってた?」

 

これらの質問で、大泣きしていた娘はキョトン。

 

 

出来ない状態を想像して、行動したら、

 もちろんできないんだよ。

 

 

「・・・・・????」な表情。

 

 

すると、となりから7歳息子の援軍が。

 

「どうやったら出来るかな?って考えながらするんだよ」

 

 

この言葉を聞いて、私は嬉しくなりました。

 

 

実は、「やっぱり出来なかった~!!」ってずっと泣いていた

この息子。

 

 

彼が泣くたびに教えていたのですが、しっかり考え方を身に付けてる!!

 

そうそう。

 

「引き出したい答えが出てくる質問」を 自分の頭にしないとね♪

%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%ae%e8%81%9e%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%84%e7%ad%94%e3%81%88%e3%81%8c%e5%87%ba%e3%82%8b%e8%b3%aa%e5%95%8f%e3%82%92%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86

 

「やっぱり出来た!!」

って自信満々でやってみよ~。

 

自分の言った言葉は、自分が一番聞いているからね♪

 

関連記事はこちら→

自分の考え、発した言葉は自分の頭に入っちゃう


スポンサードリンク



Pagetop